女性

多くの女性が悩む生理痛

生理痛の度合いは個人によってさまざまなので、おすすめの薬は自分に合っているもの。それをきちんと婦人科で調べてもらい、自分に合ったお薬を服用し、つらい生理痛を乗り越えることこそが一番のおすすめいたします。

メジャーで測る人

クリームに配合される成分

バストアップにはマッサージが有効ですが、クリームを使うとさらに効果的です。クリームにはプエラリアという女性ホルモンに似た成分か、ポルフィリンという脂肪細胞を増やす成分、美容成分などが含まれていることが多いです。

下着の女性

洗浄で膣内を快適に

膣内洗浄は炎症や性感染症の予防、臭いの軽減、生理期間が短縮できます。シャワーのお湯を注入すると良い菌も洗い流してしまうのでやめましょう。市販の洗浄製品は簡単で、お風呂場でパッケージごと人肌に温めて行うと安心です。婦人科でも洗浄できますが高額です。頻繁に行うと膣内の自浄洗浄作用が弱るので注意します。

錠剤

痛みは我慢しないこと

生理痛で悩まされている方はたくさんいます。最近は生理痛専用の鎮痛薬が発売されているので、そのような痛み止めを上手に利用することが大切です。おすすめの痛み止めを薬剤師さんに相談するというのもひとつの手です。

バスト

効果的な方法を知ろう

バストアップマッサージは、下から上へ、外から内へと行うのが基本です。肌を傷めないよう、クリームを使ってケアしましょう。下垂が気になる場合はバスト丈夫から、デコルテにかけて揉み解します。全体的にボリュームをアップしたいなら、下から上へとすくい上げるようにマッサージするのがポイントです。

正しい方法で洗浄しよう

困る女性

専門の商品を利用する

女性器は汚れも付きやすい部分ですので、きれいにしておきたいですが、デリケートな部分ですので、普通の石鹸やボディソープでは刺激が強すぎる可能性があります。そして、外側だけをきれいにするのではなく、膣内洗浄も取り入れたいと考える人も少なくありません。おりものが多いときや、生理の終わりかけの時は膣内洗浄を行っておくとすっきりとしますし、生理が早く終わる、臭いを防げるなどのメリットもあります。膣内洗浄を行う際も、お風呂で洗う場合は、通常の石鹸やボディソープよりもデリケートゾーン専用の石鹸を選んでおくことがおすすめです。肌への刺激も少なく、それでいて、気になる汚れや臭いもすっきりと取り除くことができます。洗い過ぎることも膣の自浄作用を落としてしまうことにつながりますので、洗い過ぎにも注意が必要です。膣内洗浄では、シャワートイレに付いているビデの機能を使うという方法もありますが、衛生面が気になるという人も少なくありません。より安全に利用するなら使い捨てのビデを使うことがおすすめです。おりものや生理の汚れをしっかりと取り除くことができますし、衛生面でも安心感があります。使い捨ての商品の場合も、液が残ってしまう場合もありますが、使いまわしは避け、残った場合は処分し、次回はまた新しいものを利用します。いくら良い商品を選んでいても、手指や外陰部が汚れているとトラブルになる可能性もありますので、事前に手指や外陰部はきれいにしておくことが大切です。